バイト敬語は徹底的に教育しよう

現在の若者の中には、正しい敬語が成り立っていない人達が多くいて、バイト敬語が本当の敬語だと思っている人が多い。その主な理由は二つだ。一つは学校での教育にあり、先生に敬語は使わず、年上の人を軽く見ている教育現場が悪影響を与えているのである。先生の中にも、友達感覚で児童と付き合う方がいる。友達感覚で壁を無くす事は大切な事だが、大人と子供の価値の違いはしっかりと教育しなければならない。なぜならば、子供は大人と言う高い価値を求めて成長して行くためである。つまり、この様な子供達が大人になれば、大人とは価値の無い物だと判断をされ、自分自身よりも低い人達と言う認識がバイト敬語を軽い物として扱われる。もう一つは、需要と供給の関係がある物であり、求人が多く働き手が少なくなれば働く方が立場が上になる。上にいると言う思いが敬語を軽く考えてしまう原因の一つとなる。全ての若者が、この様な若者とは言えないが従来よりもその傾向が強くなって来ている物である。接客時などのみバイト敬語を守ってもらえば良いと言う考え方は甘い考え方であり、無意識に相手を不愉快させる言葉を発してしまうリスクを抱えてしまう物だ。ただし、ムチを使っての上下関係は好ましくなく、上の物に対して尊敬できる様な上下関係が大切だ。若者のこの傾向は年々強くなって来ている物であり、その若者が相対的に数が多くなれば企業内における崩壊をも起こしかねない。企業内で働く上司や年配の方は、いちはやく自らを磨きあげ敬語で話される価値のある人物になる事が大切である。そして正しい敬語がわからない若者には、直に伝えることが難しければメール文で正してあげるのが効果的だ。社内メールでやりとりする際に、敬語の使い方の実例を見せてあげれば良いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です