業界用語として通用している

職場では、その職場だけで通用する業界用語というのがよくある。特に専門性が高い分野では、業界内の特殊な言葉が使われている。バイト敬語もまた、そのような側面がある。一般的には通用しないものの、職場だけで通用する敬語が存在する。それらは、言語学者が厳密に判断すれば、誤っている例が多い。しかし、このような職場で使われるバイト敬語は、必ずしも悪いものではない。その多くは、顧客に対する配慮から生み出されたものである。敬語で尊重の思いを表すばかりに、一般からかけ離れた敬語になるケースがよくある。また、頻繁に繰り返される尊敬語は、こうした特別な言葉遣いに変わる可能性を持っている。一般的な言葉使いが、職場ではかえって違和感を生み出すことにもなりかねない。職場で容認されているようであれば、気負いなくバイト敬語を使うことができる。しかしその場合は最終的に、職場の現場責任者の判断を仰ぐことになる。職場では、同僚たちとこのような敬語の使い方をテーマとして話し合う事もある。その中で、今後どのように言葉遣いに考慮すべきかについて、少しずつ考えていけばいい。いずれにしても、この敬語使いが世間に受け入れられるようになれば、それがスタンダードになる可能性もある。社会人として、正しい敬語を知る事は必要だ。しかし、その職場だけの業界用語と割り切って使う分には良いと思う。悪までもその職場だけで世間では通用しないという事をわきまえておけば問題のない話なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です