バイト敬語は間違いだらけ

接客業のバイト経歴が長かったりすると、いわゆるバイト敬語が染み付いてしまうということがある。そもそもバイト敬語というのは、接客バイトに特徴的な間違った使い方をしている敬語であり、丁寧なようでいて実は誤用しているという少し恥ずかしい言葉遣いのことを言う。バイト中ならいざ知らず、それを就職活動などで使ってしまうと、思わぬマイナス点を付けられかねないので、十分に注意しておかなければならない。代表的なもので言えば、「~になります」という言葉遣いだ。これは丁寧に言葉を包んでいるように見えて、誤用なのである。「なる」というのは本来変化を表す動詞であり、「~です」と言うべきところの語尾に付けてしまうというのは間違った使い方なのだ。就職活動中でも、ついつい使ってしまいがちな言葉なので、できる限り注意して言葉を口にのせなければならない。そして「~のほう」というのもよくある間違いだ。「~のほう」というのは、方角を表したり、また比較の時に用いたりする言葉であるため、比較対象も何もない場合にそれを使うのは良くないことなのである。たとえば、「私のほうから説明させていただきます」というのは誤用であり、単純に「私から説明させていただきます」で良いのだ。丁寧に取り繕って使っているつもりの言葉であっても、実は間違っているということは多いものだ。バイト敬語は特にその間違いが顕著であるため、日ごろから使ってしまっている人は直しておいた方が良いだろう。将来的に見て、正しい敬語が話せる人材は必要とされるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です